【院から筑波】学歴ロンダリングして良かったこと・悪かったこと

学歴ロンダリングとは?

学歴ロンダリング(学歴ロンダ)とは、レベルが高い大学院に進学して学歴を上げることです。

マネーロンダリングを真似してこう言われていますが、マネーロンダリングとは違って学歴ロンダリングは「完全に合法」です。勉強をしてレベルの高い大学の大学院入試を受けるので、むしろ良いことです。

ですが大学院入試は大学入試と比べると科目数が少なく倍率も低いので、「簡単に学歴を上げられる学歴ロンダは悪」と言われることも多いです。私は都内の中堅私立大学から筑波大学の大学院に進学したので、学歴ロンダリングをしたことになります。

【関連記事】どこからが高学歴かを100人に聞いてみた

大学院を卒業して数年経ちますが、リアルで学歴ロンダリングについて馬鹿にされたことはありません。(ネット上ではありますが)なので、学歴ロンダリングを考えている人は心配する必要はありません。

学歴ロンダリングして良かったこと

中堅私立大学から筑波大学大学院に進学して良かったことはたくさんあります。

学歴コンプレックスがなくなった

学歴ロンダリングの一番のメリットは学歴コンプレックスがなくなることです。

私がいた高校は進学校ではなかったため中堅私立大学に進学が決まった時は喜んでいました。ですが中学の同級生やバイト先の友達が早慶などレベルの高い大学に進学していることを知り、コンプレックスを感じるようになりました。2chの大学偏差値ランキングなどをよく見るくらい学歴コンプレックスを感じていましたが、筑波大学の大学院に進学したからは一歳コンプレックスがなくなりました。

学歴をいうのが辛くないというのは大きいです。

大企業に就職できる

学歴ロンダをするとかなりの割合で大企業に就職することができます。

私は学部時代にほとんど就活をしていませんでしたが、大学の就職実績を見ると自分が行きたい有名メーカーの名前はほとんどありませんでした。ですが、筑波大学大学院の就職実績を見ると大企業ばかりでかなり驚いた記憶があります。

実際第一・第二希望の有名企業から内定をいただくことができたり、倍率100倍以上の出版社のインターンシップに参加することもできました。

レベルの高い人と知り合える

学歴ロンダリングをするとレベルの高い人と知り合うことができます。

私は世界的に有名な教授のもとで研究をすることができて良かったと思っています。また学会でその分野でとても有名な他大学の先生方とお話をすることができたのも、学歴ロンダをして良かったと思える出来事でした。(筑波大学で一番有名な落合先生も見ることができました。(遠くから…)

学歴ロンダリングして悪かったこと

学歴ロンダリングして後悔していることはありません。

ただネットで「学歴ロンダリングじゃん」と言われて傷ついたことはあります。また、研究室の同期のレベルが高くて「自分はなんでこんなに頭が悪いんだろう」とずっと悩んでいました。一番落ち込んでいた時は本気で退学することを考えていました。

在学中は辛いことがありましたが、卒業をしてから辛いことはないので学歴ロンダリングをして良かったと思っています。

【結論】学歴ロンダリングをして良かった

メリットが多く、デメリットが少ないので学歴ロンダリングはかなりオススメです。ただ学歴を上げるためだけに進学をすると2年間が苦痛でたまらないと思うので、研究に興味がない人はやめておいた方がいいです。

ただ今の学部の内容には興味がないけど、研究自体に興味があるという学生も多いと思います。そういう学生はぜひ別分野への大学院進学を考えてみてください。

他大学の大学院進学は研究内容や人生設計を考えるいい機会になるので、大学生はぜひ検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。