「ただ研究室に居るだけ」なのにストレスが溜まる現状(怒)

国立大学院生の僕は今ストレスが溜まっています(怒)

この記事では今の僕の大学院生活についてお話していこうと思います。

 

この記事のターゲット
・大学院に進もうと思っている大学生
・他大学院進学(大学院ロンダ)を考えている大学生
・僕と同じように研究室が嫌いな大学院生

 

この記事のテーマ
研究室では色々ストレスが溜まる(場合がある)ので、皆さんも気を付けてください

 

 

スポンサーリンク

「ただ研究室にいるだけ」なのにストレスが溜まる

 

僕は今、理系の大学院に通っている大学院2年生です。

(プロフィールはこちらをご覧ください)
【国立大学院生】いくろめのプロフィール

 

僕は最近研究室にいるだけで気分が暗くなり、ストレスが溜まってしまいます。

ただ研究室にいるだけです。

このブログでも書いているように、大学院1年生(M1)の頃から研究室にいるのは好きではありませんでした。

M1の頃は苦手な先輩が近くにいて、その人のせいでとても苦労することが多かったですが、もうその先輩は卒業しました。

ヤバい先輩の記事はこちら

 

なのに、今もなお研究室にいるのが苦手です。

 

こんな症状が出ます

 

研究室にいるとこんな症状が出ます。

症状
イライラする
ドアが開くだけでビクッてする
心拍数が上がる
テンションが下がる

 

イライラする

怒りっぽい方ではない(むしろ穏やかな方)ですが、イライラしてしまいます。

何かにイライラするというより、何となくずっとイライラするという感じです。

 

ドアが開くだけでビクッてする

これは結構重症です。

自分が研究室で作業しているときに研究室のドアが開くと、絶対にビクッとして誰が来たか確認してしまいます。

大体研究室の人なんですが、こんな風になってしまいました...。

 

心拍数が上がる

感覚ですが、研究室にいる間は心拍数が上がっています。

特にドアが開いてビクッっとすると心拍数が上がってしまいます。

 

テンションが下がる

研究が楽しくないし、研究室にいていいことがないので当たり前っちゃ当たり前ですよね笑

ホントにテンションが上がらないので、好きな音楽や動画を聞きながら作業しています。

 

いくろめ
大丈夫だと思うけど、今後のために「鬱」について調べておこうかな...

 

 

イライラしてしまう理由

 

研究室にいるとストレスが溜まってしまう理由について考えてみました。

ストレスが溜まる理由
人の目線を感じている...?
心を打ち解けていない人と一緒にいる
なんか空気が悪い
自分が無能すぎる
結果が残せていない

こんな感じだと思います。

理由は長い時間考えればあと30個くらいは出せると思いますが、そんなに書くと誰も見てくれないと思うのでこれだけにします。

 

人の視線を感じる...?

研究室に他の人がいるとき、その人の視線感じてしまいます。

僕は人の視線を感じると物事に集中できなくなるし、気分が悪くなってしまうので最悪です。

本当に誰かに見られているかは分かりません。

 

いくろめ
でもたぶん視線を感じてるときの80パーセントくらいは見られていないと思います笑

 

じゃあ研究室に誰もいなければ大丈夫かと言われるとそうでもありません。

研究室に自分一人の時もありますが、その時もイライラします。

人が来る恐怖(?)っていうのがあるからだと思います...。

 

心を打ち解けていない人と一緒にいる

僕は、「人と一緒にいるのが苦手」なわけではありません。

大学4年生の時は他の大学の研究室にいましたが、とても居心地が良くとても楽しかったです。

 

いくろめ
ということは「人」が原因だということだ...

 

研究室で仲がいい人が一人います。

その人のおかげで何とかやっていけています。

その人以外の人は仲が良いと言える関係ではありません。

仲が良くない人(別に仲悪いわけじゃないけど)とずっといるのが苦手だということに今になって気が付きました。

 

いくろめ
前の研究室が恋しい...(涙)

 

 

なんか空気が悪い

なんか空気が悪いです。

 

いくろめ
換気してないわけではありません。なんなら積極的に換気しています。

 

よどんだ空気(雰囲気)が漂っている感じがするんです。

霊感はないので良く分かりませんが、霊がいるのかもしれません。(たぶんいない)

 

自分が無能すぎる

無能すぎて他の研究室の人と研究の話をするのが好きじゃありません。

 

いくろめ
何を話しているか分かんないんだもん...(泣)

 

研究の話が飛びあう研究室を好きになれるわけがありません。

 

結果が残せていない

研究で結果を残していれば、研究室で堂々としていられるでしょう。

僕は無能なので、研究で結果を残すことができていません。

全然。

ホントに全然。

結果を出しやすい研究テーマを選べばまだ良かったんですが、その当時に自分が一番興味があった結果を出しにくい研究テーマを選んでしまいました。

 

いくろめ
あーあ。後悔です。

 

研究室の底辺なので、そりゃ居心地悪いですよね。

 

ホワイト研究室なのに...

 

僕の研究室は確実にホワイト研究室です。

縛られていることが少ないですし、先生もいい人です。

ホワイト研究室にいるのに辛いのです。

大変な研究室にいる人からしたら

 

みなさん
そんなの甘えだ!

 

と思われるかもしれません。

甘えかもしれませんが、僕が辛いと思っているのは事実なんです(泣)

 

まとめ

ただ研究室にいるだけなのにストレスが溜まる現状が嫌です。

でもこれだ!っていう解決方法が見つかっていません。

解決方法が見つかったらまた記事にしようと思います...

 

【2019/10/4更新】
気持ちの持ちようでだいぶ楽になったので、それについて記事を書きました。

大学・研究室の勉強に興味がなくて辛い人は、最低限やればいい

 

僕のように研究室にいるのが辛いと思っている方は、お互い頑張っていきましょう(泣)

ここまで見ていただきありがとうございました。

スポンサーリンク
最も役に立った就活サイト紹介!

いくろめが選ぶ「最優良就活サイト」はOfferBoxでした!OfferBoxのレビュー記事はこちら

(超有名メーカー:内定!、一部上場企業:たくさんのオファー)