TOEICのリスニングで簡単に400点をとる方法!【元200点台が伝授!】

理系大学院生の僕が、大学生が必ず受けさせられる「TOEIC」についてお話していこうと思います。

僕は勉強することで、

240点 → 680点(L400)

まで上げることができました。

 

みんな
最初の240点っていうのがヤバすぎん??

 

240点を取るくらいの僕でもリスニング400点を取れるようになるので、みなさんも絶対に取れます!

なので、こうやればリスニングで400点とれるよ!っていうのを教えていこうと思います。

この記事のターゲット
英語をちゃんと聞き取れなくてもいいけどTOEICの点数を上げたい人
これから英語聞き取れるようになりたいけど、まず点数伸ばしたい人
この記事のテーマ
英語力は上がらないけど、TOEICのリスニングで400点を取る方法

スポンサーリンク

英弱でもコツを掴めばリスニング400点取れる

自己最高の680点取ったときリスニングはまさかの400点でした。

リスニング400点と言ったら

 

みんな
英語できる人なんだな~

 

みんな
よくあんな早い英語聞き取れるな~

 

こう思う方も多いのではないでしょうか。

 

いくろめ
僕もそう思っていました

 

しかし自分でL400点とったときは、

 

いくろめ
こんな何言ってるかわかんなくてもリスニング400点取れちゃったんだけど....

 

と、自分が一番びっくりしました。

これからどうやってL400まで上げたかお話したいと思います。

その前に一つ言っておきたいことがあります。それは....本当に英語が聞き取れるようになりたいなら、このブログは意味ないよ!!ということです。

 

重要!
本当に英語が聞き取れるようになりたいなら、このブログは意味ないよ!!

 

リスニングの点数が私と同じ400点でも、大半の人は私よりも英語をちゃんと理解できていると思います。

 

なので、このブログでは

  • 英語をちゃんと聞き取れなくてもいいけどTOEICの点数を上げたい!!
  • これから英語聞き取れるようになりたいけど、まず点数伸ばしたい!!

と思っている方に向けてお話していこうと思います。

 

まあ僕はは今英語を勉強して、しっかりと聞き取れるようになろうと頑張っています。

(2019/10/4現在、オンライン英会話に登録しましたが全然がんばれていません...笑)

じゃあ、前置きはこのくらいにしてどのように勉強したかお話していきます!

 

TOEICの点数の変化

ヤバいほどの英語弱者から、普通レベルになった流れを説明します!

 

初めてのTOEIC

初めてTOEICを受けたのは、たしか大学1年制の頃。

TOEICがなんだかもよくわからず受けて、ほんとちんぷんかんぷんでした笑

その結果は.....合計240点!!!(リスニング100点ちょっと)

 

いくろめ
やばすぎー!!!

 

 

そして数ヶ月後のTOEIC

240点というやばすぎる点数をとったのにも関わらず、大学2年の途中くらいまでは全然危機感を感じていませんでした。

ヤバさを感じた大学3年、数ヶ月に渡るTOEIC自主勉を行いました。

その結果....

合計680点(リスニングぴったり400点!)を取ることができました!!

 

 

TOEIC680点という点数はそんなに大したことはありませんが、240点をとったレベルの僕が600点台を取れたのは大きな進歩です!

 

英語が得意じゃない僕がTOEICの勉強法を紹介するのもどうかと思いましたが、200点とか300点の人に向けてなら良いかなと思って書きました笑

 

Part別の勉強法

Part1の勉強法・コツ

Part1は公式問題集を何回もやってください。

一冊だけじゃなくて何冊もやるようにしましょう!

 

僕はVol4.5.6と新形式の合計4つの公式問題集を買いました。

どうして何冊も買ったかというと、何度もやると内容を理解するよりも先に
確かこれが答えだったな~とわかってしまうからです。

公式問題集は一冊3000円となかなか高額なので、買うのが嫌だったら図書館に探しに行ってみてください。

 

いくろめ
Part1で言うことはこれくらいです!笑

 

公式問題集を何回も解けばやり方が分かってきます。

コツは、「写真に載ってないものを言ったら不正解」くらいしか思い浮かびません.....泣

 

part2の勉強法・コツ

これまた公式問題集を何冊かやりまくりましょう!

Part2は最初なんて言ってるか分かるだけで解ける問題が結構出ます。

例えば、

Where~と言っていれば、答えは場所を表しています(stationとか)

 

最初なんて言ってるか聞き取る練習を公式問題集を使ってやるだけでPart2は結構点数が上がります!

 

Part3、4勉強法・コツ

Part3とPart4はどちらも長文を聞いて答える問題です。

どちらも、公式問題集を何冊か...(略)

 

リスニングは何回も何回も解いてなれることが一番大切だと私は思っています。

今からネットでは見当たらなかったコツを教えます!

 

それは.....

 

いくろめ
問題文で流れてきた単語が入っている選択肢が、そこそこの確率で正解ということです!!

 

選択肢に入っている単語を言わないこともあるでしょうし、複数の選択肢の単語を言うこともあります。

しかし、Part3とPart4では問題文が流れる前に設問を読み、問題文をよく聞いて「設問にある単語が聞こえたー!」「これが答えだー!」っていうやり方でそこそこの点数が取れます。

 

まとめ

今回リスニングについてお話しましたが、リスニングリーディングどちらともに言えることは、

公式問題集を数冊、繰り返し解こう!!ということです。

 

いくろめ
TOEICはほんと「慣れ」が需要だよ

 

馬鹿な私がいうことなのであんまり役に立たないことばかりだったかもここまで見ていただきありがとうございます!!

 

TOEICについて色々な記事を書いていますので、そちらも見ていただけたら嬉しいです!

スポンサーリンク
最も役に立った就活サイト紹介!

いくろめが選ぶ「最優良就活サイト」はOfferBoxでした!OfferBoxのレビュー記事はこちら

(超有名メーカー:内定!、一部上場企業:たくさんのオファー)