【楽にピカピカ】片付けのコツは、床にモノを置かないことだった

僕の部屋は、気がついたらペットボトルやゴミや本が床に散らかっている状態でした。

そんな状態を改善するために、1冊の本を買いました。

その本には楽に部屋をきれいに維持する方法が書いてあったので、本当に楽に部屋がきれいになるのかなーと思い、1週間実践してみました。

前編の記事はこちらなので、暇だったらこっちの記事から読んでみてください!

 

この記事のターゲット
全然片付けられない人
部屋がきれいな状態を「楽に」続けたい人
この記事のテーマ
床にモノを置かない生活を1週間続けてみた
ずっと部屋がピカピカだった
マジで片付けのコツは、「床にモノを置かないこと」だった

スポンサーリンク

片付けのコツは床にモノを置かないこと

 

今回「死んでも床にモノを置かない。」という本を参考にして、1週間片付け生活を行ってきました。

その本には題名にもある通り、片付けで一番大事なことは「床にモノを置かないこと」と紹介されています。

理由としては、床にモノがない状態を維持できれば、掃除や整理が一気に楽になるからです。

 

僕はこの本を読んで、

 

いくろめ
これを実践すれば僕でもきれいな部屋を維持できるんじゃないか!?

 

と思ったので、自分でルールを作って「1週間ずっと部屋をキレイにできるかチャレンジ」を行いました!

ルールと言っても、寝る時に床にモノが置いてあったらOUTというだけですけどね笑

 

1週間床にモノを置かない生活の結果・反省

 

チャレンジ成功したか

2019年9月5日(木)~9月12日(木)の一週間チャレンジしました。

結果としては、チャレンジ成功しました。

 

いくろめ
ルールは「床にモノを置かないこと」だけだからね笑

 

日々床にモノを置かないことを意識して、寝る前に何か床に置いてあったら片付けるようにしました。

こんな少しの意識を持つだけで、部屋が散らかることがありませんでした!!

 

やってみた感想

感想としては、

 

いくろめ
簡単なルールを作るだけで、こんなにもキレイな部屋を維持できるのか...!

 

とびっくりしました。

今回床以外にはモノが置いてあっても良いルールだったので、寝る前に床においてあるものを机に乗せるだけで片づけない、みたいな日もありました。

でも、次の日にはテーブルの上にあるものをささっと片付けるだけなので、片付けが得意じゃない僕でも簡単にできちゃいました。

簡単かつ効果が絶大なので、1週間たった今も床にモノを置かない生活を続けています。

 

反省点

反省点は、さっきも言いましたが、寝る間際にあわてて床にあるものを机に乗せていたことです。

床にあるものを机に乗せる→次の日に机を片付ける

というのを

床にあるものを直接片付ける

ようにすればもっと快適な生活ができたんじゃないかなと思います。

 

生活がどう改善したか

みんな
ただ部屋がちょっときれいになっただけでしょ?

 

みんな
対して生活は変わらないでしょ

 

と思うかもしれません。

でも、生活は結構変わりました。

 

いくろめ
散らかった部屋にいた時は、やる気も出ないし気分が悪かったですが、今ではそんな事ない!

 

部屋にいるときの、心地よさが段違いです。

心地いいので、ゆっくり本を読んだりパソコンをカタカタするのがなんか楽しくなりました。

やる気も(少しだけ)出るようになりました。

今までは、家でブログを書く気力が出ませんでしたが、今は家でもブログを書く気力が出るようになりました。

 

1週間チャレンジしてみるのは重要

 

「床にモノを置かない」という簡単なルールをひとつ取り入れただけで、生活が大きく変わりました。

このルール自体が簡単だったから続けられたというのもありますが、1週間やってみるという風にしたのも良かったかなと思います。

これからずっとこのルールを続けると思うと気が遠くなって途中で挫折しちゃいますが、1週間だけなら頑張ってみるかという気になりました。

これからもなにか始める時は「1週間だけ」やってみようかなと思います!

 

まとめ

「床にモノを置かない」というルールを設けるだけで、部屋がずっときれいになりました。

部屋がキレイになるだけで、やる気も出るし、気持ちがいいです。

部屋が汚い人は1週間だけでも良いので、チャレンジしてみたらいかがでしょうか。

ココまで見ていただきありがとうございました。

スポンサーリンク
最も役に立った就活サイト紹介!

いくろめが選ぶ「最優良就活サイト」はOfferBoxでした!OfferBoxのレビュー記事はこちら

(超有名メーカー:内定!、一部上場企業:たくさんのオファー)