逆求人サイトでオファーしてくれた企業に面談しに行った結果...!

こんにちは。
いくろめです。

僕は2020卒で絶賛就活中です。(2018/10現在)

数週間前から今はやり?の「逆求人サイト」にいくつか登録しました。

今回はその逆求人サイトで初めて企業の方とお話しする機会をゲットできたので、それについてお話ししようと思います。

この記事のターゲット
逆求人サイトに興味がある人!
就活における「面談」って何?って考えている人!

 

スポンサーリンク

逆求人サイトって何?

 

まず逆求人サイトについて簡単に説明します!

 

マイナビ、リクナビなどの就活サイトは、

 

企業
うちはこんな募集してるよ、興味あったら教えて

 

就活生
ここの企業行きたい!ES書かなきゃ!

 

 

という感じで就活がスタートしていきます。
しかし逆求人サイトは、

 

就活生
僕のプロフィールと希望業種、希望職種書いたよ、興味あったら教えてね!

 

企業
自己PR見ました!うちの企業はどうでしょうか?

 

という感じで始まります。
企業の方からアップローチしてくれます。

そして僕はこういう逆求人のサイトに7つくらい登録してみました!
(今度逆求人サイトがどんな感じか、ブログに書こうと思っています!)

 

逆求人サイトに登録してみた

 

僕は9月の終わりくらいからいくつかの逆求人サイトに登録しました。

プロフィールを載せると結構オファーが来て嬉しい気持ちになりました笑

 

しかし自分の希望業種、希望職種の企業と出会うことがあまりできません。

唯一、僕の希望とばっちりあった企業さんがあり、今回はその企業の人事の方とお話してきました。

 

「面談」って何するの?

 

一度面談しましょうと言われ、日時を調節し実際に会ってお話しすることができたのですが、それまでずっと気になっていたことがありました。

 

それは、

 

いくろめ
面談って何するの?

 

ということです。
面接でも説明会でもない。
面談。

何を用意していけばいいのか分かりません。
企業の方からは特別な準備はいりませんと言われていましたが、それを鵜呑みにするのは怖い.....

そう思った僕はとりあえず企業のホームページを隅から隅までざっと読みました。

(最初はじっくり読もうと思っていたのですが、しっかりしたサイトすぎて全部読むのには相当な時間がかかると思い断念しました笑)

 

そして読んでいて気になる点、あと自分が入ったとしてどんなことが気になるか考え、質問をまとめてみました。

 

いざ面談へレッツゴー!

 

そして僕は「いくつかの質問」だけを準備し、企業に向かいました。

面談の時間は2時間くらいでした。

初めに少し雑談をし、企業の業務説明をじっくり説明していただき、最後に話の途中で聞けなかった質問を聞いて終わりました。

 

企業との「面談」で気を付けること!

 

僕が今回の企業との面談で気を付けなきゃいけないなと思ったことについてお話しします。

 

とりあえず「企業への質問」は準備して!

今回質問を準備していったおかげで、向こうが一方的にしゃべるということがなく、いい感じで面談が進んでいったためこれは必須事項です!

何より気になることを1対1で企業の方に聞けるいい機会です!

 

いくろめ
面接よりも気軽に聞けるし!

 

気になることはどんどん質問しましょう。

 

ゆっくり分かりやすく話して!

これは僕の反省点です笑

普段話すスピードは普通なんですが、面談では少し緊張していたせいか

 

いくろめ
普段よりも早口になっちゃったな~

 

と後々後悔しました。

よくよく考え見たら、企業の方は結構のんびり口調でしたが、聞き取りやすく遅くて嫌だったことなどないので、自分で思っているよりゆっくりしゃべった方がいいんだなーと感じました。

 

まとめ

今回はなぞに包まれていた「面談」を行なってきました。

反省点はあるものの、結構好感触で良かったです。
その企業さんとの今後の予定もたちつつあるので、内定に1歩近づいたかな?という感じです笑

皆さんも是非、気になる企業の社員さんと1対1で話せるいい機会の「面談」を有効活用してみてください!

 

ここまで見ていただきありがとうございます。

スポンサーリンク
最も役に立った就活サイト紹介!

いくろめが選ぶ「最優良就活サイト」はOfferBoxでした!OfferBoxのレビュー記事はこちら

(超有名メーカー:内定!、一部上場企業:たくさんのオファー)