大学院生は英語できなくても卒業できるけど、辛い
こんにちは!
いくろめ(technical877)です。
今回は英語が苦手で、英語から逃げたいと思ってしまう大学生・大学院生に向けた記事です。
この記事のテーマ
大学院生は英語ができなくても卒業できる
だけど、辛いことがたくさんあるよ...
この記事のターゲット
英語が苦手だけど大学院に進学しようとしている人
英語が苦手な大学院生

スポンサーリンク

大学院生は英語できなくても卒業できるけど、辛い

 

大学院生は英語ができなくても卒業できます。
僕は現在大学院2年なのでまだ卒業していませんが、先輩や自分の状況を見てわかります。

英語から逃げても卒業できますし、僕は大学院1年生+大学院2年の現在まで英語から逃げています。
こんな英語から逃げている僕が、大学院生の英語事情についてお話していきます。

英語が苦手でも卒業できる...!

TOEIC約400点の先輩

僕の一つ上の先輩にいつも英語が苦手と言っていた先輩がいました。
その先輩はTOEIC約400点だったそうです。

大学院生の中では結構低いほうだと思います。
このくらい英語苦手な人でも立派に卒業できています。

 

はじめてのTOEICで200点台の僕

僕も英語は苦手です。
どのくらい苦手かというと、大学で初めて受けたTOEICで200点台を叩き出したくらいです。

 

いくろめ
TOEIC200点台叩き出すってやばいよね....

 

そんな僕も流石にやばいと思い、大学院入試を受ける前までに680点まで上げました。
でも、今でも英語は苦手。

TOEICは慣れとかコツで結構点数を伸ばせるので、受験回数の多さでゴリ押しました...笑
多分TOEIC無勉強で380点くらいの人くらいの英語力だと思います...笑

こんな僕でも2年生になれています。

 

英語ができないと大学院生活苦労する

 

進級はできていますが、英語ができなくて苦労していることはたくさんあります。

大学院生は多分院試のときに英語を勉強している?と思いますが、英語が苦手な人は入学前も入学後も英語を少しづつ勉強したほうがいいです。

英語ができなくてどんな苦労をしているか少し紹介します。

 

輪講(英文の回し読み)

僕の研究室では研究室の集まりのときに、英語の本を回し読みする「輪講」の時間があります。
一人ひとり事前にページが割り振られていて、自分の番が来たら皆の前で英文と日本語訳を音読します。

 

いくろめ
英語が苦手な僕はこの時間が苦痛です...。

 

日本語で書いてあっても専門的すぎて理解出来ないであろう本が英語で書いてあります。
それを理解しなきゃいけないなんて大変すぎます。

いや、僕は理解できていません。
いつもGoogle翻訳という神ツールを使っています。

英語ができないと毎週毎週つらい思いをします。

 

英語の論文が読めない

僕は多分大学院生の中では英語の論文を読んでないほうだと思います。
(読めよって思いますよね。はい、そのとおりです。)

英語の論文を読まなくてもなんとかなっている僕でも、英語の論文を読むことがあり、そのたびに

 

いくろめ
英語かよ~つらっ

 

と思っています。
専攻や研究内容、教授の方針によっては英語の論文をバンバン読まなくてはいけない人もいるでしょう。
英語が苦手な人がそんな環境に行ったらと思うと...。

 

教授、研究室の人が何言ってるかわからない

理系の頭がいい人はみんな日常生活で英語をちょくちょく挟んでいます。
なので英語がわからないと、日常の会話でも何言ってるかわからなくなります笑

僕は学部のときは私立大学にいたのですが、そこでは英語を交えながら話す人は殆どいませんでした。
大学院に来た途端、英語を交えながら話す人が多すぎてびっくりしました。

 

研究室の人
あー、これ?これevidenceがさー

 

研究室の人
これのinspectionはー

 

みたいな感じです。
(英語が苦手な僕はこの例文すら思いつかないくらい英語が苦手です笑)

ちょくちょく訳わからない言葉が頭に入ってくると、途端に話についていけなくなります。
英語が苦手な大学院生は、日常生活の会話ですら苦労します。

 

大学院生は絶対英語を勉強したほうがいい

 

英語ができないと苦労する場面が多いので、英語は勉強したほうがいいです。
絶対に。

でも英語って勉強する気にならないですよね?笑
僕もTOEICを申し込んで満足し、試験1周間前からちょっとずつ勉強するくらいの人間です。
日々英語の勉強しなきゃと思いつつ、全然勉強しないくらいの人間です。

なので、自分ができないことをあまり勧められないというのが本音です笑

ですが、いいます。

 

いくろめ
みんな英語を勉強しましょう。

 

就活ではTOEICの点数を見られている

 

ちなみに大学院生で英語が得意だったら就活を有利に進められる可能性が高いです。
多分。

僕はメーカーを中心に就活を行っていましたが、全然英語力やTOEICについて聞かれませんでした。
なので、ESの足切りくらいの感じで見られていると思います。
ESではほぼほぼTOIECの点数を書いていたので。

あとは、英語耐性があるかをTOEICの点数で見ていると、内定をいただきた企業の方から説明会で教えていただきました。

 

企業の人事
600点位あれば英語が嫌いってことはなさそうだから、入社後学んでいけるだろう

 

という感じで。

TOEICの点数はあるに越したことはないです。

 

まとめ

大学院生は英語が苦手でも卒業できます。
でも確実に大学院生活で苦労します。

TOEICの点数が低すぎると、就活で苦労する確率も高まります。

ということで勉強しておきましょう。
この言葉はブーメランで僕にも刺さっているので、僕も勉強していこうと思います...(泣)

スポンサーリンク
最も役に立った就活サイト紹介!

いくろめが選ぶ「最優良就活サイト」はOfferBoxでした!OfferBoxのレビュー記事はこちら

(超有名メーカー:内定!、一部上場企業:たくさんのオファー)