【大学院入試】数学・力学・制御のおすすめ教材8選!【大学の授業】

こんにちは!
いくろめです。

今回は、理系学生が単位を取らなくてはいけなくなる

そして大学院(特に機械系)を受けるときに勉強しなくてはいけなくなる

数学・力学・制御のおすすめの教材を紹介しようと思います!

 

この記事のターゲット
・理系大学生
・大学院入試を受けようと思っている人
この記事のテーマ
数学・力学・制御のおすすめの教材を紹介!

 

(いい教材は知っていますが、僕自体は馬鹿です)

スポンサーリンク

数学のおすすめ教材

マセマ 微分積分 キャンパス・ゼミ

 

まずはこれです!!

微分積分は試験で必要になってきますよね。

その時はこの本を勉強してみてはいかがでしょうか!

 

僕は現在、機械系の大学院に所属しています。

 

いくろめ
しかし、僕は昔から数学が大嫌いでした....

 

いくろめ
そして今も嫌いです....

 

なので、大学時代の数学の授業はとても苦労しました。

ただでさえ数学が苦手なのに、テスト前の暗記で乗り切ってきたタイプなので、
大学院入試の勉強をするとき、

 

いくろめ
何からすればいいんだ~泣

 

いくろめ
何にもわかんないよ~泣

 

ってなりました。
そんな時ネットで見て知り、やってみたら

 

いくろめ
めっちゃわかりやすいじゃん!

 

となったのがこのマセマの微分積分です!

初心者でもわかるように丁寧に書いてあるので、微分積分苦手という方は是非やってみてください!

 

マセマ 線形代数学

 

この本もおすすめです!

線形も大の苦手でしたが、あきらめることなくこの本を勉強し続けることができました。

 

マセマ 微分方程式

 

この本も(略)

 

大学生
マセマばっかりじゃん!

 

って思いますよね!

本当にこのシリーズは初心者でもできるのでおすすめです!

 

マセマ 複素関数

この(略)

マセマばっかりですみません....

バカな僕にはマセマシリーズしか合いませんでした笑

 

力学のおすすめ教材

JSME 材料力学

 

この本は日本機械学会が出している本です。
これもわかりやすいので、初心者にもおすすめです。

 

欠点があるとすれば、こちらです。

欠点
・大きい本なので、持ち運びがしづらい
・電車の中で読めない
・ところどころ英語で書いてある

 

なんでところどころ英語で書いてあるか僕には分かりませんが、なかなか困るポイントです.....

 

マンガでわかる 流体力学

 

大きいサイズの漫画の参考書です。

この本は流体力学の授業受けて結構理解してる人には向いていないと思います。

 

大学生
流体力学の授業何言ってるかわからないよー泣

 

という人は是非この本を見てみてください!

 

機械系大学院への四力問題精選

 

機械系大学院を受けた人は知っているかもしれません。

この本は、機械系の大学院を受験する人におすすめです!

なので、

 

大学生
授業の単位を取りたい

 

という人にはおすすめしないです。

この本は色々な大学で実際に出題された問題が載っている本です。

いいところは、有名な本なのでわからないところがあったら、ネットで調べたら出てくるというところです。
解説のサイトもあるくらいです!

4000円以上する本なので、購入するときはしっかり本屋や図書館で中身を見てからにしましょうね!

 

制御のおすすめ教材

JSME 制御

 

この本もおすすめです(この言葉言いすぎですね)

僕はJSMEは材料力学と制御しか見てないですが、そのほかの熱力学とか流体力学もわかりやすいんだろうと思います!

 

まとめ

今回は数学・力学・制御のおすすめの本を紹介してきました。

是非今回紹介した本で勉強してみてください!

ここまで見ていただきありがとうございました!

是非大学院まとめ記事も見てください

スポンサーリンク
最も役に立った就活サイト紹介!

いくろめが選ぶ「最優良就活サイト」はOfferBoxでした!OfferBoxのレビュー記事はこちら

(超有名メーカー:内定!、一部上場企業:たくさんのオファー)