機械、電気専攻の大学生はメーカーの長期インターン行って!!まじで

こんにちは! いくろめです。

 

僕は、大学3年の夏休みに、

メーカーの5日間のインターン

他分野(知的財産関係)の5日間のインターン

に参加しました。

 

なかなかいい経験になったのでお話しします!

今回はメーカーのインターンについてです!

 

※この記事を修正した2018年10月2日現在、僕は大学院1年生なのですが、

この夏も有名メーカーの2週間インターンに参加しました!

そっちの記事も見てください! ↓

 

 

スポンサーリンク

インターンに参加する前はテンション低め

 

僕はインターンに参加する前、

 

いくろめ

お金が入らないのに働くのか~

 

と思っていました。

しかし、その時は大学院に行こうかなと考えていたものの、

就職にする可能性もあったので参加することに決めました!

 

メーカーと、知的財産のインターンに参加しましたが、

どちらも大学経由のインターンにしました。

 

大学経由のインターンにした理由としては、

興味がある企業のインターンがあったことと、

大学経由だとブラックインターンの可能性が低いと思ったからです笑

 

 

 

 

 

いざインターンシップ参加!

 

まんまり詳しく書くと企業が特定されそうなので言わないですが、そこそこ田舎にある企業のインターンへ参加しました。

そのため、家から企業まで2時間弱くらいかかったので、

衝撃の5時過ぎに起きる生活でした…

 

それがすごく大変でした…

インターン参加生は15人くらいいて、機械、電気、人事みたいに分かれていました。

僕は機械系の学科なので、機械のインターンに参加しました。

 

企業の勉強をするときや、課題、発表の時は

電気や人事のインターン生と一緒にやっていました。

僕が参加した機械系のインターンの参加人数は5人でした。

 

 

 

 

インターンの内容はどんな感じ?

内容は、あんまり詳しく書くとやばそうなので…笑

ざっくり言うと、

 

作ってる製品の設計の様子を見てみる

自分達も企業の方が使っているソフトで簡単なものを設計してみる

他社の製品といろんな観点から見た試験をして評価を見るといった品質管理のこと

実際の製品を分解してどういう構造になっているかみんなで見てみる

 

など、機械大好きな人はワクワクするインターンでした!!

実際僕は内容が楽しく、わくわくしました!

 

 

 

 

 

最終日

 

発表をインターン参加者、企業の方の前でしました。

 

発表の内容は、たしかインターンで学んだこととか、そんな感じだったと思います。

(詳しいことは忘れちゃいました笑)

 

発表には、インターン生や、インターンでお世話してくれた企業の方、その企業のお偉いさん、その他企業の方が見に来たので、結構な人数がいました。

3.40人くらいいたんじゃないんでしょうか。

 

僕はとても緊張するタイプなので、なかなか緊張しました…

(でも、最近やった卒業発表と比べれば全然でした。)

 

 

 

 

 

 

メーカーのインターンに参加した感想

 

まず一番に感じたことは

企業の方優しかった!!!

 

 

(↑自分で書きました!)

 

僕は参加する前、

 

いくろめ

企業の方が怖かったらどうしよう…

いくろめ

怒られるんじゃないかな~

 

と、怯えていましたが、実際はめちゃくちゃ優しかったです!

 

 

今になって考えると、企業としてもインターン生にこの企業いいでしょ!と思わせようとするはずなので、めちゃくちゃ怒るということはないんですけどね

(もちろん、不真面目な学生や、とんでもないことをしたら怒られるでしょうが)

 

あと、印象に残っていることは、

インターン生のお世話してくれていた人事の女性が

泣いてたということです!笑

 

1週間とはいえ、学校でいう先生と生徒みたいな関係だったので、

別れるのが辛かったみたいです。

その方がとっても優しい方だったので、もらい泣きしそうになりました笑

 

 

 

 

 

参加して良かったこと

3次元設計は大学でもやったけど、初めてシミュレーションができた

 

僕は機械系の学科だったので、大学の授業で3DCADをやったんですが、

その図面のもののシミュレーションをやったことはありませんでした。

 

いくろめ

シミュレーションってどんな感じでやるんだろう?

 

という感じで興味があったので、とても楽しく実習ができました!

また、自分で考えながら設計することができたため、企業がどのように製品を設計しているか、何となくわかりました。

 

 

 

色んな部署のことが分かった

 

インターンでは企業の色々な部門を見ることができたので、会社というものを体感できました。

インターンで品質管理について学んだのがきっかけで、品質管理に興味を持つことができました!

 

インターン後、大学で品質管理についての授業があったので取ってみました。

実際にどのようにしてこの分野が役立ってるか分かっていたので、授業が楽しかったです!

 

 

 

 

 

 

社会人とはどういうものかざっくり分かった

 

あまりバイトをしていなかった僕は、社会人がどういうものか全然わかっていませんでした。

なので、インターンを通して少しは社会人について分かったと思います!

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

機械、電気の学生(理系の学生)は興味のある長期インターン行くと、

1、どういう仕事をしたいかわかる

2、授業でやってることがどう使われてるかわかる

3、社会人がどんな感じかわかる

 

僕は大学院に進学することになりましたが、大学院卒業後の就活でこの会社受けようかなと考えているくらい、

インターンの会社に興味をもっています!

 

それくらい良かったです。

 

大学生

大学3年で院行くの確定してるからインターンいかなくていいかな~

 

と思ってる人も、是非インターンに行ってみてほしいです!

絶対に得られるものがあると思います!

 

 

そして、就職する事が決まっている工学系(機械、電気)の学生は、

是非、夏の一週間以上のメーカーのインターンに参加してみてください!!

 

インターンは冬でもいいかな~っと思ってる人!

冬よりも夏の方が長期のインターンが多いです!

夏にも行きましょう!!!

 

この記事を見てインターンに参加しようと思ってくれたら、とても嬉しいです😃

スポンサーリンク
最も役に立った就活サイト紹介!

いくろめが選ぶ「最優良就活サイト」はOfferBoxでした!OfferBoxのレビュー記事はこちら

(超有名メーカー:内定!、一部上場企業:たくさんのオファー)