就活生に絶対に読んでもらいたいオススメ就活本6選
今この記事を見ている就活生!
しっかり本や新聞を読んでいますか?
もし、

就活生
本とか読まなくても大丈夫だからwww

就活生
新聞とか読まなくてもTwitterで大体世間のこと分かってるから笑
と思ってるなら是非考えを改めてください…。
この記事のテーマ
・就活本、ビジネス本を読む重要性
・就活生にオススメの本6冊の紹介
この記事のターゲット
就活でどんな本を読んだら良いか分からない学生
特に就活本やビジネス本を読まない就活生

就活生は本や新聞を絶対に読んだ方が良いです!
僕は現在就活を終えた大学院2年生ですが、就活中に本をたくさん読みました。

いくろめ
真面目だからというより、就活や将来が心配で心配でしょうがなかったからだと思います...笑
色んな本を読みましたが、特に企業・業界・働き方についての本は読んで良かったなと思います。
本を読んだことが就活の成功に影響を与えていると思っているので、今回皆さんに
・就活生が就活関連本を読んだ方が良い理由
・オススメの就活本
を紹介していきます!

就活生が就活関連本を読んだ方が良い理由

就活中に本を読むメリットはたくさんあります。
今回はそのうち3つ紹介します!

企業・業界について理解が深まる

企業研究・業界研究をするときに多くの人はネットで調べるだけだと思います。
ネットで調べれば企業の基本情報や業績・年収などすぐに出てきますし、業界の特徴やその業界にどんな企業があるのかも良く分かります。
しかし、ネットで調べるだけでも大丈夫かもしれませんが、ネットを検索しただけでは分からない(分かりにくい)ことが本だとよく分かったりします。
例えば...
四季報を見ると、採用実績校だけでなく、入社した人がどのような部署に配属されたのか、勤務地はどこなのかなどが分かります。
(どの程度情報を開示しているかは企業によりますが)

これから働くという実感が湧く

社会人の方が「仕事」や「働き方」について本やネットの記事を書いていますが、こういうのを見ると「働く」って何なのか少しづつですが分かってきます。
僕は大学院生で、今までそこまでバイトを頑張っていていませんし、何ヶ月という長期のインターンにも参加していませんでした。
なので就活を始めるまで

いくろめ
働くってどういう感じなんだろう(ボケー)
と思っていました...。
まあ、就活を始めてからは2週間のインターンを2つ参加したり、本を読んで将来について良く考えるようになったので、これから「働く」ということに少しづつ実感が湧いてきました。

将来について考えなきゃという危機感が出てくる

就活は意外と、将来について考えていなくてもなんとかなってしまいます。
周りの友達を見ていても、そう思います笑

いくろめ
僕が将来についてしっかり考えているのか聞かれたら、自身を持ってYesとは言えませんが...
社会人の本や就活関連本を読むと、

就活生
会社に入って言われたことをやればいっか

就活生
年収高くて、休みが多い会社を受けよう!
という考えが、いかに浅はかか思い知ります笑
なのでしっかり将来について考えるためにも、本は読んだほうが良いと思っています。
あと将来について良く考えていないと、難関と言われる企業に入れません。
実際僕が受けたいくつかの企業(有名企業)では、面談や面接では今後どうしていきたいかということについて深くまで話しました。

実際に読んで、オススメできる就活関連本

それでは僕が実際に読んで、良かったと思える本を種類別に紹介していきます!
(正直ここに書いていない本で、何だこの就活本は...と思うものもありました。ですが以下の本は大丈夫だと思います笑)

企業・業界を知る

就職四季報

就活関連の本で王道中の王道。
2000円くらいとそこそこ高いので図書館でパラパラ見るくらいの人が多い気がしますが、僕は絶対に手元にあったほうが良いと思っています。
説明会でどこの企業を見に行くか、ちょっと話を聞いたこの企業はどんな会社なのかなど、就活中企業の名前を聞いたらとりあえず四季報で調べていました!

業界地図

様々な業界の代表的な企業はどこなのか、企業同士の関係はどうなっているのか、その業界は今後どうなっていくと予想されているのかが分かります。
業界地図の良いところは文章が少なく、目で見てすぐ分かる様になっているので、本嫌いの人でも読めちゃうというところです。
僕は就活中様々な業界に興味を持っていたので、業界地図も欠かせない本の一つでした。

順調に選考を進める

就職面接は9割成功する

ESの書き方や面接対策の本は無数にあります。
僕も図書館や本屋で何冊も見てきましたが、正直僕が就活生に超おすすめできる本は、この1冊だけです!
この本のどこが良いかというと、見開き1ページに、
・よく聞かれる質問
・その質問を聞く意図
・ありがちな回答(だめな例)
・お手本回答
がわかりやすくまとまっているところです。
50以上のよく聞かれる質問について書いてあるので、この本で書いてある質問にしっかり答えられるようにすれば面接はほぼほぼ大丈夫だと思います。
この本はまじでオススメです!

凡人内定完全マニュアル

凡人学生は絶対読んでください。
天才学生も読んでください。
この本の良いところはとにかく内容が面白すぎるところです!
就活生じゃない人にも読んでみてもらいたいくらい面白いです。
ネタ要素がすごすぎて、就活本という括りから完全に飛び出ています笑
就活本でこんなに下ネタが含まれている本はこの本(+作者武野さんの他の本)くらいでしょう...。

働き方について考える

転職の思考法

就活生
就活生(大学生)に向けたこの記事でなんで転職の本なんだよ
と思うかもしれませんが、この本は就活生にもおすすめです!
年収や働きやすさを重視して企業選びをしがちですが、この本を読むことで、本当はどういうところを見て企業を選んでいけばいいかというのが分かります。
ストーリー形式になっているので文章ばっかの本ですが、結構読みやすいです。

売上を、減らそう。

これは2019年6月に発売した本なので、僕は就活を終えてからこの本を読みました。
超ホワイト企業で知られている企業「佰食屋」がどのようにして生まれたのか、どういう働き方をしているのかということが書いてあります。

いくろめ
本当に内容が面白すぎて一瞬で読んでしまいました...!
この本を読んだら、企業理念を見ておくことが大事だなって感じると思います。
そして何より佰食屋で働いてみたくなります。

まとめ

今回、就活生におすすめする本を紹介してきました。
本選考真っ只中のときは本を読む時間が少ないと思うので、慌ただしくない時期から本を読んで、企業や業界、そして将来について良く考えてみてください。
ここまで見ていただきありがとうございました!
スポンサーリンク
最も役に立った就活サイト紹介!

いくろめが選ぶ「最優良就活サイト」はOfferBoxでした!OfferBoxのレビュー記事はこちら

(超有名メーカー:内定!、一部上場企業:たくさんのオファー)