【20卒監修!】就活(面接・1dayインターンシップ)で必要な持ち物

就活(面接・インターン)ってなに持っていけば良いんだ...?」と不安になりますよね。

僕も就活の始めの頃はとても不安でした。

 

いくろめ
あー、これ持っていけばよかった!!

 

と後悔したこともありました。

しかし就活をしているうちにどんな持ち物が必要が明確になってきました。

そこで今回は、就活時に僕が実際に準備の時に使っていた
「面接・1dayインターンシップ用持ち物リスト」を紹介します!

ぜひ参考にしてみてください。

注意
今回は日帰り用の持ち物紹介です。
長期インターンなどの持ち物はまた他の記事で書きます。また僕は男なので、女性はまた別に必要なものがあるかもしれません。

 

スポンサーリンク

面接・1dayインターンシップで必要な持ち物

 

僕は持ち物を3つの分類に分けていました。

1.重要なもちもの
2.日常生活で必要なもちもの
3.個人個人で必要なもちもの

なので、今回もこの3つの分類に分けて必要な持ち物を紹介します。

ぜひこのリストで自分に足りないなと言うものがあったら付け足して、メモ帳に保存したりしてすぐに確認できるようにしておくのがオススメです!

 

重要なもちもの

 

この分類のものは名前の通り「インターンに行く上で重要なモノ」です。

忘れると大ダメージというものもあるのでしっかり確認しておきましょう...。

 

筆記用具

どのインターンでも必ず筆記用具を使うので用意しておきましょう。

自分でメモをとるときや、交通費精算の紙を書く時に使います。

就活バッグは容量が限られているので、小さい筆箱を用意するのがオススメです。

 

就活用ノート

就活を始めるときには、就活専用のノートを買いましょう。

普段手帳を使っている人や、小さいメモ帳を使っている人でも、就活専用のノートを作ってください。

就活関連で見直したいことがある時に「このノートを見れば大丈夫!」というものがあると安心です。

 

僕は就活ノートとして「コクヨのSOFT RING」(A5 80sheets)を使っていました。

リングが柔らかい素材で出来てるので、手を引っ掛けたりして痛める事がありません!

超おすすめです。

 

手帳

僕は普段手帳を使っていないのですが、就活用に手帳を用意しました。

実際ほとんどスマホのカレンダーで事足りるのですが、スマホが使えず自分の予定を確認しなきゃいけないという場面もあったので、やっぱり必要でした。

予め就活の用事を入れれない日は手帳に書いておきましょう。

 

学生証

就活では意外と学生証って使わないのですが、必要になる場面もあります。

それは、巨大なビルに本社を構えている企業に行くときです。

企業のフロアに行くためには受付で身分証明書を出さないと行けない場面がありました。

 

腕時計

就活ではスマホで時間を確認できない場面が数多くあります。

なので、腕時計は必ず付けていきましょう。

「金属のベルトがいい」、「革のベルトはダメ」とか書いてあるサイトもありましたが、僕は金属のベルトが痛くて嫌いだったので革のベルトの時計をしました。

「文字盤の色が青とか白じゃないといけない」とか色々書いてありますが、ない人は1000円くらいで無難な時計を買っておくのが良いと思います。

 

事前提出書類のコピー

インターンや面接に行くために書類の選考があると思います。

書類を書く時は頑張って考えて書いたと思いますが、少し経つと何を書いたか忘れちゃいます。

なので僕は事前に提出した書類のコピーを持っていって、企業に行くまでの電車の中で見直しておきました。

 

企業が提示した持ち物

企業から事前に持ってくるように言われたものがあるかもしれません。

当たり前ですが、しっかり持っていきましょう。

 

クリアファイル

企業が提示した紙をきれいな状態で持ってくためや、企業からもらった書類を持ち帰るためにクリアファイルを持っていきましょう。

企業の中でも気兼ねなく出せるように、キャラ物とかではなくてシンプルなクリアファイルにしましょう!

 

印鑑

企業から言われていなくても一応印鑑は持っていきましょう。

いきなり交通費精算するということも考えられるので...。

 

財布

財布を持っていくのは当たり前ですけどね...。

1dayインターン終わりにインターン生で飲みに行くかもしれません。(僕はなかったけど())

なので多めに持っていきましょう。

 

キャッシュカード

いざ財布を見たらお金が全然ない!電車に乗れない!

なんてことになったら大変です。

僕は一度も使いはしませんでしたが、毎回一応持っていきました。

 

保険証

もしかしたら、インターンシップや面接に行く際に事故にあってしまうかもしれません。

これも一応ですが、持っていくようにしましょう。

 

パスモ・スイカ

企業に行く際に電車に乗ることが多いので、パスモやスイカを持っていきましょう。

事前に企業に行くまでに交通費がいくら掛かるか確認しておいて、往復分+αを事前にチャージしておきましょう。

急いで電車に乗らなきゃいけない場面で、残金がなくて乗れなかったら悲しすぎるので。

 

スマホ

スマホ忘れる人はいないよね。

 

企業担当者の電話番号メモ

インターンや面接の事前連絡のメールに、「なにかあったらこの電話番号にかけてね」という電話番号が書いてあると思います。

スマホが壊れたり、なくした時にも企業の人に電話できるように、予め電話番号をメモした紙を財布などに入れておきましょう。

これはほとんどの場合やらなくても大丈夫ですが、もしもの時に役立ちます。

 

日常生活で必要なもちもの

 

ここからは、就活に関係しないけど出かける際に必要なものです。

 

ティッシュ・ハンカチ

ハンカチが持っていないと企業でトイレに行った時に、ハンドドライヤーがないとヤバいです。

普段だったらズボンで拭くかもしれません、その場で手を振るかもしれません。

企業の中でそれをやるのは印象が悪いです...。

 

メガネ・コンタクト・(目薬)

目が見えないと大変。

 

小さい鏡

小さい鏡は色んなところで役立ちます。

コンタクトが取れた時その場でつけれるし、髪型をどこでも確認できます。

女性は普段から持っている人が多いと思いますが、男でも持っていきましょう。

 

僕は心配性なので、腹痛・頭痛・酔い止め・下痢・吐き気などの色んな薬を、小さいシッパーにまとめて入れて持っていきました。

薬を持っていくだけで安心度が違うので、ぜひ持っていってください。

 

ガム・フリスクなど

面接やインターンに行く前にご飯食べたけど、歯を磨けない!口臭がー!!

という事があります。

企業に行く前にガムを噛んだりフリスクを食べれば、口臭がだいぶ良くなるのでオススメです!

 

折り畳み傘

事前に天気予報を確認しておいて、雨が振りそうなら折りたたみ傘を持っていきましょう。

 

個人個人で必要なもちもの

 

ここからは「必要かどうかは人による」ものです。

 

モバイルバッテリー・スマホ充電器

持っておくと安心です。

特にモバイルバッテリーは、電車移動しながら充電できるので、僕は必ず持っていました。

スマホ中毒者は持っていきましょう。

 

イヤホン

僕はイヤホンばかり付けているので、企業に行くまではずっとイヤホンを付けて音楽を聞いていました。

元気が出る曲や、やる気が出る曲を聞いておくのがオススメです。

 

まとめ

今回僕が、日帰りの面接やインターンシップに行く時に使っていた持ち物リストを紹介してきました。

しっかりと準備して、インターンシップや面接で困らないようにしてください!

ここまで見ていただきありがとうございました。

スポンサーリンク
最も役に立った就活サイト紹介!

いくろめが選ぶ「最優良就活サイト」はOfferBoxでした!OfferBoxのレビュー記事はこちら

(超有名メーカー:内定!、一部上場企業:たくさんのオファー)