理系院生が楽しく面接をしたら、人気企業から内定をもらえました。
こんにちは!
いくろめです。
今回は僕が就活の面接のときに意識したことをお話していこうと思います。
この記事のテーマ
僕(理系院生)が就活の面接で意識したこと
これはすべての企業の面接で有効なわけでもないですし、すべての人におすすめできるわけでもありません。
ただ僕はこの記事で書いたことを意識して面接をやった結果、誰でも知っているような人気企業から2社内定をいただけました。
なので、こんなことを意識して面接やったら上手くいった人がいるのか、僕も私もこういう所はまねしてみた方が良いのかなと考えながら見ていただきたいです!

僕は就職の面接では、楽しく会話することが一番重要だと就活を通して感じました。
僕はずっと楽しく会話するということを意識して面接してきました。
その結果、面接が終わると楽しく話せたぞーと思って清々しい気持ちになっていました。
きっと面接官も楽しく話せたと思ってくれていることでしょう(願い)
圧迫面接を受けたことがないので、圧迫面接するようなところでは通用しないかもしれませんが、普通のところなら面接官と楽しく話せたら好印象になると思っています。

大学生
しかし、面接を楽しくできるわけないだろ

大学生
どうやったら楽しく会話できるの?
と思う方もいるでしょう。
これから就活の面接で楽しく会話するために意識することについて書いていきます!

選考だと思わない

選考だと思うと緊張しますよね
変なこと言ったら減点される。使えるやつだと思われないと落とされる。
そんなこと考えていたらビクビクしながら答えなくてはいけなくなりますよね。
加点されるために自分の事をアピールしなきゃ、有能に思われなきゃ、活躍できると思わせなきゃと思ってしまいます。
緊張しすぎないためにも、選考だとは思わずに、
これは僕に興味を持ってくれているおじさん、おばさんとの話し合いの場だ!
くらいに思って挑めばいいと思います!

敬語を意識しすぎない

みなさん、友達と雑談するときに敬語使ってますか?
使ってないですよね。
先生や教授と雑談するとき、敬語は使っていると思いますが、敬語を意識して話していますか?
意識しなくても敬語話していますよね?
そういう敬語で就職活動に臨めばいいと考えています。
楽しく話をするときに普段使ってないようなガチガチな敬語を使ったら、上手く話せません。
なので、会話を楽しむためにも普段くらいの敬語を使っていきましょう。
もちろん、先生と話すときは一人称が「俺」「僕」「われ」「拙者」の人は、「私」に直すことは必要です。
常識の範囲内でいきましょ笑
あと、なによりガチガチな敬語は聞いてる方が違和感を持ちます。
大学の研究発表を聞いていて普段使わないような敬語を頑張って使っている人の発表を聞くと、そっちに意識が言って内容が頭に入ってきませんでした。

しっかり話を聞く

自分の事をアピールすることももちろん重要だとは思うんですが、プレゼンをしにいくわけではありません。
会話をしに行くのです。
会話をするということなので、しっかりと話を聞くことは重要だと思います。
こういう人見たことありませんか?
人が話しているときはうつむいているのに、その後自分の話す番になったら顔を上げてガンガン話す人。
(理系学生は共感してくれる人もいるのでは?)
僕は人の話を聞くことが重要だと思っているので、数年前に友達から

友達
いくろめくんって聞き上手だよね!
と言われた時は嬉しかったですし、今でも言われたことを覚えています笑
目を見て、うんうんと頷きながら、笑顔多めで、しっかりと話を聞きましょう

能力アピールはほどほどに(理系大学生)

注意
僕は研究職を受けていません。また、研究内容に直結した事業をしている企業も受けていません。
いきなりですが僕は無能です。
これといってすごい特技やスキルがあるわけではありませんし、ずっと続けてきたスポーツや楽器もありません。
留学も行ってないし、研究ですごい成果も残していません。
(あれ、書いててちょっと悲しくなってきた)
ですが、何とかなりました。
僕の周りにすっごく研究ができる人がいますが、その人はあまり就職活動が上手くいってないように見えます。
僕と比較すると、けた違いに研究ができるし勉強もできます。
じゃあなんであまりうまくいっていないのか。
たぶんガンガンに能力アピール(知識あるアピール)をしているんじゃないかなと思います。
その人は研究室内で会話をするとき、6割人の悪口で、4割自慢です。
普段こういう感じなので、面接のときも能力アピールがすごいと容易に想像できます笑
なにより、その人は

友達
学会に行ったことを話したら企業の人にうけた
と何回も後輩や僕たち同期に自慢してきました。
学会を目指して頑張ることは凄いですし、良い学会に出られるような研究の成果を残したことは凄いです。
だけど、そればっかりアピールされても面接官も困ってしまうでしょう。
だって、俺は能力高いってずっと言ってる人と仕事したくないもん...。
なので、アピールはほどほどに。

志望理由等を暗記しない

友達と楽しく会話する時に、話す内容を丸々覚えて挑まないですよね?笑
就職活動の面接でも同じだと思います。
丸々暗記した答えは相手に伝わりませんし、何より途中で詰まった時に自分が辛い思いをします。
僕はこういうことを聞かれたらこんなことを答えよう。というのは考えておきました。

いくろめ
志望理由を聞かれたらこんなことを言おう

いくろめ
ガクチカ聞かれたらこれを言おう
こんな感じです。
でも、この文章を覚えて答えよう!とは考えませんでした。
面接のときはその時の自分の意見を伝えていました。
研究室の同期に、志望理由を覚えて面接に挑んだ人がいます。
その人は志望動機を聞かれた時、

友達
私が御社を志望する理由は2つあります。

友達
1つ目は○○です。~

友達
2つ目は.....

友達
えっと.....
これで10秒間沈黙が続いたそうです。笑
考えただけでも恐ろしいですよね笑
友達は結果的にこの会社から内定をいただいているのですが、こうならないようにした方がいいです!

The就活生にならない

僕は

友達
はいっ!私は~
みたいな就活生ではありませんでした。

いくろめ
そうですね~、○○は~
と話していましたし、一回答えた後に上手く話せなかったときは、

いくろめ
すみません、上手く答えられなくて笑
と言っていました笑
そうすると、

面接官
そんなことないですよ笑

面接官
○○は△△ということですか~?
という感じにつなげてくれました。
どこで聞いたか覚えていないのですが大人の人が、就活生っぽい人はね~(呆れ)と言っていたのを覚えています。

まとめ

面接官も人間です。
こっちが楽しく話したら面接官も楽しく過ごせると思いますし、この人は楽しく話せる人だな、一緒に仕事したいなと思ってくれると信じています。
見ていただきありがとうございました!
スポンサーリンク
最も役に立った就活サイト紹介!

いくろめが選ぶ「最優良就活サイト」はOfferBoxでした!OfferBoxのレビュー記事はこちら

(超有名メーカー:内定!、一部上場企業:たくさんのオファー)