【1週間チャレンジ】死んでも床にモノを置かない。【大学院生の日常】

僕は「1週間死んでも床にモノを置かないチャレンジ」をします。

現在大学院に通っているんですが、
研究室嫌いなので研究室の居心地も悪い家は散らかってるから居心地が悪いという、状況です。

 

いくろめ
だから大学の図書館とか、本屋、カラオケ(1人)が好きなのかも

 

いつもいる場所の居心地が悪いと良いことがないので、部屋をキレイにして居心地を良くしようと思います。

部屋がぐしゃぐしゃで居心地が悪い、家にいるとやる気がでないと思っている人は一緒にこのチャレンジやりましょう!

 

この記事のターゲット
部屋がぐちゃぐちゃの人
片付けが苦手な人
この記事のテーマ
「死んでも床にモノを置かない。」という本を読んで、1週間実践してみる
生活にどう変化があったか検証する

スポンサーリンク

「死んでも床にモノを置かない。」とは

 

この本の概要

今回取り上げる本は2019年2月に発売された「死んでも床にモノを置かない。」という本です。

 

 

面白い名前ですよね笑

僕は本屋でブラブラしてたときにこの題名が目について、本をパラパラ見たら面白かった&読みやすかったので買いました。

 

いくろめ
普段から片付けてはぐしゃぐしゃしてを繰り返しているから、片付けの本を読んでみたかったんだよね~

 

著者は、整理収納コンサルタントという肩書を持つ、須藤昌子さんです。

須藤さんがやっている整理収納術・片づけの考え方を伝えるブログが話題となり、2017年にはAbema公式トップブロガーに認定されたようです。

こちらが須藤さんのブログです↓

https://room-cozy.amebaownd.com

 

いくろめ
収納の先生としても、ブロガーとしても参考にさせていただこう....

 

この本では、須藤さんがおすすめする片付けや掃除、収納のルールがたくさん紹介されています。

 

いくつか心に残った言葉を紹介

 

この本ではたくさんの掃除・片付けに関するルールが紹介されているんですが、その中でも僕の心に残った言葉をいくつか紹介します。

 

「これをする」ではなく「これはやらない」

大事なのは「これをする」というルールではありません。
むしろ逆で「これはやらない」というルール作りです。

「これをする」というルールを作り、増やしていくと、生活はがんじがらめになります。
そうでなくても日々時間がない中で、あれこれやられているはず。
そんな状態で、やるべき事が増えれば、ますます時間に追われることになり、うまくいきません。(p4)

 

ルールの話の前の「はじめに」でこうお話されています。

掃除とはちょっと離れるんですが、僕は最近やりたい事とやるべき事が増えて、それを達成しようと思う日々に疲れてきました。

この文章を読んで、今自分は生活ががんじがらめになってるんじゃないかなと思いました。

それでこんな記事を書いたりもしました...。

掃除に限らず、「これをする」というルールより、「これはやらない」というルールを増やしたほうがいいんじゃないかなと思っています。

 

一番大事なのは「床にモノを置かないこと」

ここまで読んで「ルールの中でなぜ、これが最初のルールなのか?」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。
理由はシンプル。
床にモノがない状態を維持できれば、掃除や整理が一気に楽になるからです。(p36)

我が家の床においてあるモノは、家具や観葉植物だけ。
それ以外は引き出しや棚に収納しています。
数少ない棚や家具だけの床のお掃除は、本当に楽です。
何に妨げられることもなく、スルスルッとお掃除道具を滑らせるだけ。(p37)

 

床にモノを置かない理由は、「掃除を簡単にするため」なんですね。

確かに、床に物が散らかっていると掃除がめんどくさくなって後回しにして、余計汚くなるという悪循環が発生しますよね。

僕はこの悪循環が無限に発生します。

 

いくろめ
何故かペットボトルとか洗濯物を床に放置しちゃうんだよね...

 

家をしっかり掃除したあとの部屋は、掃除がしやすいから、すぐにクイックルワイパーを掛けたくなりますよね?

多分その気持ちを維持するための一番良い方法が「床にモノを置かない」なんでしょうね。

 

「片付けるための収納用品」は買わない

片づけを考える理由は、生活しやすくすることが目的なので、収納用品をどんどん買い足してくのは、その目的とは正反対のことをしていることになります。
だから片づけをしようと思ったとき、収納用品を買うのではなく、まず、使っていないモノを手放すことから始めましょう。

使っていないモノを手放して、使っているモノだけにする。
そして、残ったモノの量を見極め、「どんなふうに収納したら、使いやすいか?」を考えて、それらを満たす収納用品を買うようにします。(p110)

 

もうこの章は僕の心に刺さりました。

僕はキレイな部屋にしたいとずっと思っているので、しょっちゅう収納用品を買ってしまいます。

特に100均にいくと、ラックにかけれるカゴとか、(何を入れるかよくわかんないけど)ちっちゃいものをいくつも入れれる箱とか、ありますよね。

 

いくろめ
買っちゃうんだよね、そういうの。

 

で、その結果、収納用品をまとめた袋がクローゼットに押し込まれています...笑

そして部屋もとりあえず箱とかカゴにモノを入れてある状態です。

もう僕は無意味に収納用品を買いません...。

 

死んでも床にモノを置かないチャレンジ!

 

いつもだと本を読んだら、

 

いくろめ
そっかー!生活にこういうルールを取り入れればいいのかー!

 

いくろめ
明日からやってみよう!

 

(1時間後には忘れている)

 

という行動に移さない無駄な読書をしています...。

なので、今回はしっかり読書で手に入れた知識で、生活を改善していこうと思います。

どうしたら実際に行動に移せるかなと思った時、

 

いくろめ
ブログで「チャレンジ記事」といて記事にすればいいんじゃね?

 

いくろめ
(毎日投稿してるからネタも尽きそうだし...)

 

という考えにいたりました。

 

「1週間床モノチャレンジ」

チャレンジ期間はとりあえず1週間。

1週間部屋がピカピカな状態で維持ができたことがないので、とりあえずの目標としてはいい感じだと思います。

1週間床モノチャレンジ」と名付けました。

「ゆかもの」だとゴロが悪いので「とこもの」と読むことにします。(どうでもいい)

 

ルール

ルールは1週間、床にモノを置かないというものです。

でも一秒も床にモノを置いちゃいけないというのは過酷すぎると思うので、床にモノを置いたまま就寝したらOUTというルールにします。

 

ルール
床にモノを置いたまま就寝したらOUT

 

あと、床に置いて良いものについても考えておかなくてはいけません。

ベッドとかラックとかは当然オッケーとして、ゴミ箱とかサーキュレーター(小さい扇風機)が微妙なところです。

ただゴミ箱やサーキュレータは家にいる間ほぼ使うので、この2つはオッケーにします。

 

チャレンジ期間

実行期間はこの記事を投稿した2019年9月5日(木)~9月12日(木)です。

ずっときれいな部屋を継続していきたいと思っているので、余裕のクリアを目指します。

 

結果発表日時

チャレンジが終了した9月13日(以降)に結果発表の記事を書こうと思います。

多分こういう記事は僕のブログでは求められていないと思うけど、自分のために書く!()

何を発表するかが難しいところですが、

 

  • チャレンジ成功したか
  • 感想
  • 反省点
  • 生活がどう改善したか
  • このチャレンジで精神面にどう影響があったか

 

などを書こうと思います。

 

このチャレンジで手に入れたいもの

 

僕がこのチャレンジで手に入れたいものはこの3つです。

  • 在宅中の「やる気」
  • 健康的な生活週間
  • いつでも人を呼べる空間

 

在宅中の「やる気」

大学にいるときに、

 

いくろめ
あ、今日まだあれやってなかったな。

 

いくろめ
家に帰ったらやるか

 

と思って帰って、実際にやることはほとんどありません...。

理由は部屋が散らかっていて椅子に座ってしっかり作業するという雰囲気ではないからです。

なので、ベットでゴロゴロしながらyoutubeを見たり、マリオカートをやってしまうというわけです。

部屋がきれいになったら、家でブログや趣味や研究の事が進むんじゃないかなと思っています。

 

健康的な生活週間

部屋が散らかっているせいで生活習慣が乱れています。

例えば、夜って片付けしたくなる時ありますよね?

夜に掃除を始めて寝るのが遅くなって、起きるのも遅くなるということがあります。

 

いつでも人を呼べる空間

僕は大学院に友達はほとんどいませんし、大学院の知り合いが家に来たことはありません()

地元の友だちも遠いので全然来ません。

たまに遠距離恋愛の彼女が泊まりに来るぐらいです。

 

いくろめ
なんかめっちゃ悲しいひとじゃね...??

 

まあ、彼女が来る日の前はいつも大掃除タイムを設けないといけないので、ずっとキレイにしておくのは良いんじゃないかなと思っています。

まあそんなこんなでこのチャレンジをスタートします。

ここまで見ていただきありがとうございました。

スポンサーリンク
最も役に立った就活サイト紹介!

いくろめが選ぶ「最優良就活サイト」はOfferBoxでした!OfferBoxのレビュー記事はこちら

(超有名メーカー:内定!、一部上場企業:たくさんのオファー)