【実体験】学内企業説明会は「メリットしかない最高の就活の場」です。

20卒の僕は、学内企業説明会に「超積極的に参加」しました。

理由は、合同説明会と比べてメリットが多すぎるからです!

結果として、学内の説明会で来てた人気企業に内定をいただくことができました。

ただ参加するだけだとそんなに意味がないと思うので、ぜひ目的意識を持って参加してみてください!

 

この記事のターゲット
学内企業説明会に参加しようか迷っている就活生
この記事のテーマ
学内企業説明会は、「メリットしかない最高の就活の場」です。
学内説明会を有効活用すれば、「業界選び」「企業選び」「受ける企業選定」に大いに役立ちます!

スポンサーリンク

学内企業説明会は「メリットしかない最高の就活の場」です。

 

僕がいる大学では、数日に渡って「学内企業説明会」が開催されました。

周りは興味がある企業数社に参加していましたが、僕は数十社の説明会に参加しました。

理由は、学内企業説明会での企業説明に意味があると感じたからです。

いや、企業説明というよりも、企業の説明会後の「個人的に質問しに行ける時間」に行く意味を感じたからです!!

 

いくろめ
説明会の内容より、個人的に質問しに行くほうが重要だからね!

 

合同説明会と学内説明会、どっちが良い?

 

ビッグサイトなどで開かれる合同企業説明会(合説)と、学内企業説明会、どっちに行こうか迷っている人がいると思います。

僕はどちらにも参加しましたが、圧倒的に「学内企業説明会」のほうが行く価値があるなと感じました。

 

いくろめ
ビッグサイトの合同説明会に行ったときの記事も書いているので、興味がある人は見てね!

 

 

総合的なおすすめ度は、学内>>合説 なのですが、もちろん目的を持って合説に行けば行く価値はあるので、目的によって参加する方を選びましょう。

それぞれのメリット・デメリットを考えてみたので、どちらに行くか決める際の参考にしてみてください。

 

学内企業説明会のメリット・デメリット

学内企業説明会のメリット
就職実績がある企業が来る
行きやすい
選考につながることがある
企業側が親切なことが多い
数日に渡って多くの企業を見られる(大学による)
学内企業説明会のデメリット
特に思いつかない...

もう、メリットだらけです。

少し補足すると「企業側が親切なことが多い」というのは、もう学歴フィルターは通過しているようなものなので、企業側も学生に受けてもらえるように優しく丁寧に説明してくれます。

また、学歴面では問題がないと思われているので、学生がすごく興味を持っているとわかると、選考について詳しく教えてくれたり、優遇してくれることもあります。

 

合同企業説明会のメリット・デメリット

合同企業説明会のメリット
色んな企業・業種が見られる
就活のモチベーションが上がる(かも...)
合同企業説明会のデメリット
チョー疲れる
ただ話を聞くだけになりやすい
交通費&時間がかかる
選考につながることがほぼない

いろんな大学の学生が参加していますし、合説にいる人はみんな慌ただしく動いています。

なので、

 

就活生
うちの大学だと就活で動いている人そんなに見ないけど、他の大学の学生はもうこんなに動いている...!!

 

就活生
私も頑張らなきゃ!!

 

という気持ちになるかもしれません。

僕はちょっとだけなりました笑

僕が思う一番のデメリットは「チョー疲れる」ということです。

 

いくろめ
人がめちゃくちゃいるし、うるさいし、声かけられるし、なんかいるだけで疲れた...

 

その割には得られるものが少ないかなと思います。

なので、合説よりは学内の説明会とか、小規模の説明会の方がオススメです。

 

学内企業説明会では何をすれば良いのか

 

学内企業説明会で僕が実際にやって、よかったなと思ったことを紹介します。

業界選び・企業選び

 

僕が今いる大学は総合大学なので、様々な業種の企業が来ました。

色んな業界に興味があったので、興味があるところはとりあえず参加してみました。

話を聞くと、

 

いくろめ
興味は合ったけど、思ってた感じじゃなかったな

 

いくろめ
思ってたより、仕事内容面白そうだな!

 

とか感じました。

興味がある業種・企業は積極的に話を聞きにいってみましょう。

説明も聞かず企業のイメージだけで本選考を受けると就活失敗する可能性が高まります...。

 

本当に聞きたいことを聞く

 

ただ説明を聞きに行くだけだとあんまり意味がありません。

 

就活生
興味がある企業の説明を聞いたほうが志望動機がかたまるじゃん!

 

就活生
説明会で多くの情報を得られるじゃん!

 

と思うかもしれませんが、ただ話を聞いているだけだと、HPに書いてある情報くらいしか得られません。

 

いくろめ
めっちゃ興味がある企業は事前にHPを見て予習しておいたんだけど、説明会の内容はHPに書いてあることとほぼ一緒だったよ

 

なので、積極的に質問をして自分にとって有益な情報を手に入れましょう!

学内企業説明会だと全体の説明が終わったあと、個人的に質問できる時間があります。

僕はこの時間に予め考えておいた質問か、説明を聞いて疑問に持ったところを質問しに行きました。

どういう質問をしたかと言うと、

  • 自分の興味のある職種の仕事内容について
  • 採用人数について
  • 選考内容について

などです。

ちゃんと「その企業に興味があるという気持ち」をもって「誠意のある対応」をすれば企業の方は親切に教えてくれます!

 

いくろめ
だから学内企業説明会は「企業の人に質問するには最高の場所」だと思う!

 

これはちょっとコツの話なんですけど、

そんなに人気がない企業の説明を聞きに行って、その後質問をしにいくと、企業の方はすごく喜んでくれます。

質問したことに丁寧に答えてくれるのはもちろん、

 

企業
もし受けるなら選考を優遇するよ!

 

みたいに言ってくれることもありましたし、

 

企業
君がうちを受けたら絶対に受かるよ!

 

とまで言ってくれることもありました笑

学部の頃に参加していた企業の説明会に参加した時、自分1人だったのですが、

 

企業
「インターンのときの担当者〇〇さん!?」

 

企業
「○○さん(人事)に君が来てたこと伝えておくね!」

 

など、すごいフレンドリーに喋れたりしました。

説明会じゃ絶対しないような選考についての話やアドバイス、会社の実情についてを、向こうからいっぱい喋ってくれることもあります。

なので、学内企業説明会では、人気企業だけではなく、人が少ない企業にも言って色々話を聞いてみてください!

 

志望動機さがし

 

さっきの話とつながるところなんですが、個人的に質問しに行くと「説明会では話さないような事」が聞けます。

それが志望度向上につながることもありますし、そういう内容を志望動機に盛り込むと他の人とは違う「説得力のある志望動機」が作れると思います。

また、すごく興味がある企業は合同説明会に参加する前に志望動機を考えてみましょう。

志望動機を考えて見るとうまく書けなかったなーと思うことが多くなるかもしれませんが、そこを補うような話のネタはないかということを考えながら説明会を受けると意味のあるものになります。

 

まとめ

学内企業説明会はメリットばかりなので、ぜひ参加してみましょう。

でもただ説明を聞くだけだとあんまり意味がないので、しっかり「何を聞きたいか」を考えておいてください。

そして、個人的に企業の方に質問しに言って、色んな情報を得ましょう!

 

いくろめ
僕は学内企業説明会がめちゃくちゃ楽しかったです。

 

みんなもしっかり準備をして、楽しんできてください!

ここまで見ていただきありがとうございました。

スポンサーリンク
最も役に立った就活サイト紹介!

いくろめが選ぶ「最優良就活サイト」はOfferBoxでした!OfferBoxのレビュー記事はこちら

(超有名メーカー:内定!、一部上場企業:たくさんのオファー)