読書をしない大学生にオススメの「本の選び方」【装飾・絵が多め】

現在大学院生の僕は、ほぼ毎日読書をしています。

周りの人はと言うと、、、

 

いくろめ
全然読書している人がいない...!!

 

マンガだけ読むという人はいますが、活字を読んでいる人がいない!!

最近だと大学生の平均読書時間が短いのが少し話題になっていましたが、自分の周りを見ても本当にそうだなと思います。

なので、読書好きの僕がオススメの本の選び方を紹介します。

いや、僕は「読書好き」と言うより、「読みやすい本を読むことが好き」という方が正しいです。

読みやすい本を読むようになれば、誰でも読書好きになります!

 

この記事のターゲット
普段読書をしない大学生
読書をしたいと思っている人
この記事のテーマ
読書嫌いの人でもスラスラ読める本がある。
読書ができないのは「本の選び方が悪いだけ」
読みやすい本の選び方を紹介

スポンサーリンク

読書をしない大学生にオススメの「本の選び方」

 

 

僕はほぼ毎日本を読むくらい、読書は好きですが、どんな本でも読めるわけじゃありません。

読みやすい本しか読みません。読めません。

最近大学生は全然本を読まないということが問題となってますが、読書が嫌いな大学生が多いというよりも、「読みやすい本を探せない」大学生が増えているんじゃないかなと思います。

 

いくろめ
読みやすい本を探せるようになれば、誰でも読書好きになると思うんだよね~

 

そこで僕が普段本を買う際に行っている「読みやすい本の選び方」を紹介します。

 

読書をしない大学生にオススメの「本の選び方」
ネットではなく本屋で購入
絵や装飾の多さを重視
マンガ形式の本を買う

この3つについてお話していきます。

 

ネットではなく本屋で購入

 

僕は本を買う時、だいたい本屋で購入します。

ネットで買うときも、本屋で下見して良いなと思った本を買っています。

なんでかと言うと、ネットで買うと本の中身が全然見られないからです。

ネットで本を買った時、こういう経験したことはないですか?

 

大学生
おー、やっと気になる本がamazonから届いたぞ!

 

大学生
読んでみよう。

 

大学生
なんだこれ、文字がぎっしりだし、絵とか装飾が少なくて読みづらいわ

 

大学生
読むのやーめよ

 

ネットで買うとこういう事が起きます。

こういう本は読み始めたとしても、高確率で挫折します。

なので、実際に本屋に行って、気になる本を手にとってみることが大事です。

パラパラ見て、もうこれは読みたい!と思える本を買ったら、楽しく読書できると思います。

あと内容が良くても、直感で読めなさそうだと思ったら買わないほうが良いと思います。

 

いくろめ
直感ってだいたいあたるからね...

 

絵や装飾の多さを重視

 

前の章でも書きましたが、絵や装飾の多さは重要です。

僕は毎日読書をするくらい本は好きですが、全く画像や絵、装飾がない本は読みません。

いくら本の題名や表紙で惹かれたとしても、中身をパラパラ見て文字ばっかりだったら買いません。

 

いくろめ
絶対読みきれないとわかっているからね

 

画像や絵が入っていると、文字がすんなり入ってこなかったとしても、画像や絵を見るだけで内容が理解できます。

内容が理解できると、どんどん読みすすめることができます。

読書が嫌いな人は文字をずっと読むことが嫌いだと思うので、画像や絵を見ながら理解できるような本を選べば読み切れます。

あと、オススメは文章の重要なところに、マーカーが引いてあったり、文字が太くなっている本は読みやすいです。

 

いくろめ
重要な文章にマーカーが引いてあったり、太字になっている本は読みやすい!

 

どうしてかと言うと、本の見出しになっているところと、マーカーや文字が太くなっている文章だけを読むだけで、本の内容がざっくり理解できるからです。

なので、本屋で気になる本があって、文章にマーカーが引いてあるような本だったら、マーカー部分だけ読んでいってみてください。

大体の内容が理解することができるので、面白そう、読めそうだと思ったら買ってみてください。

 

マンガ形式の本を買う

 

僕は難しい内容をマンガでわかりやすく説明している本が大好きです。

最近だと、

  • まんがでわかる7つの習慣
  • 沈黙のWebライティング
  • マンガで学ぶエクエル
  • はじめての人の簿記

 

こういう本を読んだんですが、どれもマンガ形式で難しい内容をわかりやすく解説してくれています。

なので、同じ内容でも活字だったら途中で諦めちゃいそうな本でも、マンガでスラスラ読めちゃいます。

大学生だと、数学や力学など専門科目を学ぶと思いますが、多分どの分野でも探せばマンガ形式の本があると思うので、本が嫌いな人はマンガ形式の本を探してみてください。

 

読書は「付箋」を使う

 

僕は読みづらい本を頑張って最後まで読んだことがありますが、読み終わったあと全然内容が頭に入っていませんでした。

 

いくろめ
頑張って読んだのに...(泣)

 

という気分になります。

読みやすくてスラスラ読めても、読み終わって少ししたら内容を忘れちゃうことも多いです。

 

いくろめ
とくに自己啓発系は、読み終わったとは頑張ろうという気持ちになるけど、次の日には忘れているわ...

 

読み終わったあとに、なんにも覚えていない、何の行動にもつながらないと読んだ意味がありません。

そうならないためにオススメの方法は、自分にとって重要だなと思ったところは付箋を付けながら読むことです。

僕は今まで「ただ読んだだけ」という状態になることが多くて、最近とても反省し、読書の方法を変えました。

その方法が付箋を付けながら読むことなのですが、本当に良いです。

 

いくろめ
一通り読み終わったあと、付箋の箇所を読み直すだけで、内容がすっと頭に入ってくるんだよね

 

そして後日、本の内容を忘れちゃっても、付箋の箇所を読み直すだけで思い出すことができます。

なので付箋を付けながらの読書がオススメです。

(安っぽい付箋だと、剥がした時にビリってなる可能性があります。)

(なので、ちゃんとした付箋を買う、大事な本には付箋を貼るのはやめてページ数をメモっておく、というのをおすすめします)

 

まとめ

読書をしない大学生にオススメの「本の選び方」
ネットではなく本屋で購入
絵や装飾の多さを重視
マンガ形式の本を買う

 

読書をしない大学生は、こういう観点で本を選んでみてください。

読みやすい本に出会うと、読書が絶対好きになると思っています。

読書をすると色んな知識が深まりますし、色んな勉強をしたいと思えてきます。

いきなり難しい本を読むのは苦痛なので、読みたいと思える本を見つけれるように頑張ってください。

 

いくろめ
まずは本屋に行くところから!!

 

皆さんの本選びの参考になったら嬉しいです。

ここまで見ていただきありがとうございました。

スポンサーリンク
最も役に立った就活サイト紹介!

いくろめが選ぶ「最優良就活サイト」はOfferBoxでした!OfferBoxのレビュー記事はこちら

(超有名メーカー:内定!、一部上場企業:たくさんのオファー)