人気企業から内定をもらうために、本選考解禁前にやっておくべきこと
こんにちは!
いくろめです。
今回は本選考情報解禁(3月)前までにやっておいて良かったと思うことをまとめてみました。
この記事のテーマ
人気企業から内定をもらうために、本選考解禁前にやっておくべきこと
僕は自分の就活を振り返ってみると、
就活は本選考の情報が解禁される3月までに、8割終わっているといっても過言ではないと思っています。

きっとこの記事を見ている人は就活に関心が高い方だと思うのですが、早く就活を始めることが大事です。
初めはしっかりした行動じゃなくて、

大学生
どんな会社入りたいかなー?

大学生
どんな仕事しようかなー?

大学生
重要なのは、給料? 勤務地? 知名度?
こんな感じでざっくり考えているでもオッケーです。
でもたぶん考えていてもなかなか結論が出ないと思います。
僕はそうでした。
なので、これから言う事を実践しながら考え続けていけばいいと思います。

マイナビ、リクナビ以外の就活サイトも使う

就活を始めたらまず何をしますか?
きっと多くの人はマイナビ、リクナビに登録して企業をダラダラ眺めることから始めるでしょう(偏見)
1年前の事なので記憶が曖昧ですが、僕はそんな感じだった気がします。
リクナビ、マイナビだけで就活を行なっていっても思い通りに就活が進むかもしれませんが、良い就活関係のサイトというのはたくさんあります。
僕が他の記事で紹介するサイトはすべて無料だったので、一回登録してみてはいかがでしょうか。
メールがたくさん来たり、電話が来て鬱陶しくなったら、迷惑メールフォルダに放り込んで、着信拒否にすればいいだけですから()
実際に使って良かったサイトについてはいっぱい書きたいので、別の記事にまとめようと思います。

逆求人サイトへの登録

いくろめ
逆求人サイトに登録しましょう!
ここで言いたいのはそれだけです。
逆求人サイトというのは、ES(エントリーシート)に書くようなことを予め書いておき、それを企業の人が見ていいと思ったら学生に声をかけるというやつです。
僕はたくさん逆求人サイトに登録してきましたが、登録しなければ良かったと思うものはありませんでした。
(どれも良い企業から求人が来たというわけじゃなくて、求人が来なくても登録しないよりましということ)
僕は逆求人サイトで有名企業から逆求人をいくつも貰えました...!
どんなに来る求人が少なく、有名企業から求人が来なかったとしても、しないよりはましです!

インターンに参加する(一番重要!)

いくろめ
インターンに行くのはめちゃくちゃ重要だよ!
これが圧倒的に一番重要だと僕は思っています。

どんなインターンに行けばいいの?

有名な企業に行きたいなら数日~2週間くらいのインターンに参加しましょう。
参加しましょうと言っても、有名企業の長期(1,2週間)インターンは結構倍率が高いです。
本選考よりも倍率が高い企業があるとか、ないとか。
なので、調子に乗って1番興味のある企業だけインターン受けるか~とか思わないでください。
バンバン落ちるので、興味のある企業を何社も受けておきましょう。

僕はたくさんインターン受けました

僕は夏は大手電機メーカーのインターンを4社受けました。そのうち1社受かり、1社面接辞退、1社面接落ち、1社ES&テスト落ちでした。
秋は出版社のインターンを2社受け、どちらも受かりました。
ちなみにそのうち1社は倍率100倍越えだったそうです...!

いくろめ
倍率100倍以上のインターンに行けるなんて...なんで僕なんだ?
冬は大手電機メーカーのインターンを2社受け、1社受かり、1社面接辞退しました。
秋と冬は好調でしたが、就活を始めたてで、ESも面接も良く分かっていない夏は落ちましたね...
国立大学の大学院に行っていてもこんな感じです。
(自分の事優秀だと思っていませんよ、無能です)
早めにインターンを探して、落ちるもんだと思ってたくさん受けましょう。

インターンは楽しい。めちゃくちゃ。

インターンにも1dayや2、3日、1週間、2週間、数か月などたくさんあります。
オススメは1、2週間のです。
その企業や、インターン先の仕事について良く知ることができます。
そして何より楽しいです!
ホントに楽しい。
1dayのはしっかり選考があるところはいった方が良いと思います。
選考がないのはたぶん説明会って感じなので。

大きすぎない合同説明会に行く

いくろめ
就活っていうとビッグサイトとかで行なわれる合同説明会に行くっていうイメージない?
僕はそういうイメージがあったので行ってみました。
が、あんまり意味がありませんでした笑
これは僕がダメだったというのもあると思いますが、人も多すぎるし説明会で個人的に質問する時間もほとんどありません。
なので、興味があったら1回行ってみるのはいいと思いますが、そこで行く価値があると思わなかったら小規模、中規模の説明会に行ってみましょう。
僕は理系専門就活サイトの小規模説明会にも行きましたが、企業の方に直接する機会も作れましたし、落ち着いた雰囲気で説明を聞けたのでこっちの方が良いなと思いました。

説明会で積極的に質問に行く

そして、説明会に行って企業について知るだけではそんなに意味がないと思っています。
合同説明会はもちろん、単独の説明会だったとしても1時間程度の説明会では、HP+αくらいの情報しか得れません。
だったらHP見ればいいじゃんって思うんですけど、説明会では直接企業の方に質問することができます!
これが大きいです。企業の方に質問することのメリットは、
  • HPに書いていないことについて聞ける
  • +αの情報を教えてもらえる
  • 相手に覚えてもらえる(可能性がある)
こんな感じです。
僕は職種を重視した就活をしていたので、職種について聞きたいことがたくさんありました。
なので興味がある企業には毎回直接人事のところに行って聞きたいことを聞いていました。
たまに、

いくろめ
この学生は相手に覚えてもらうためだけに(しょうもない)質問してるな~笑
って思うこともあります笑
これは無駄だと思うので、もし相手に覚えてもらいたいと思う方は事前にしっかり企業について調べて、気になることをまとめておきましょう。
僕は真面目なので()、毎回説明会前には気になることを何個もまとめておきました。

まとめ

人気企業から内定をもらえるかは本選考解禁前にほぼ決まっていると言っても過言ではありません。
すぐに動き出した方が良いことはどの方の就活ブログを見ても明らかだと思うので、是非早めに行動してみてください!
スポンサーリンク
最も役に立った就活サイト紹介!

いくろめが選ぶ「最優良就活サイト」はOfferBoxでした!OfferBoxのレビュー記事はこちら

(超有名メーカー:内定!、一部上場企業:たくさんのオファー)